| IP | Bio Medical | Ecology | Technology | IT | Market |    
IP WEB  
買い物についてニュースパック情報発信会員サポートQ&A

IP WEB団体・法人・顧客規約
IPWEBで情報発信 IP WEBの利用方法 顧客新規登録 顧客キーについて マイページの利用方法 集金サービスを利用しよう 各種手数料について 著作権について IPWEB団体・法人・顧客規約




 

第1条(定義)
 
 

インテレクチュアルアセットマネジメント株式会社は、その商標を保持し、運営する知的財産・学術サイト「IP WEB(アイピーウェブ)」に関し、本サービスの割引価格による購入および団体・法人会員もしくは顧客会員向けサービス(以下「本サービス」という)の利用資格を有する団体及び法人に準ずる団体もしくはIPWEBを個人と、団体・法人・顧客会員規約(以下「本規約」という)を定めます。

「団体・法人会員」とは、IP WEBが認める団体・法人、学会、研究室など、共通の活動をする3名以上のメンバーであり、、本規約および団体・法人・顧客会員規約に合意して登録を行った本人である代表者と、IP WEB会員登録を完了した団体メンバーをいいます。。

「顧客会員」とは、IP WEBの各種情報発信サービスを利用する会員で、本規約および団体・法人・顧客会員規約に合意をした登録を行った本人である代表者と、IP WEB会員登録を完了した顧客メンバーをいいます。

「代表者」とは、IP WEBが認める団体・法人もしくは顧客登録を行った本人で、所属メンバーついて、その団体としての資格について保証するものをいいます。

「団体メンバー」とは、団体代表者が、団体メンバー申込み画面において登録したメールアドレスの所有者で、固有の顧客キーを自身の会員IDに登録をすることにより団体メンバーとして登録されます。団体メンバーは、顧客キーの登録の際にIP WEB会員規約を閲覧する義務がありますが、IP WEB団体・法人・顧客会員規約閲覧の義務はございません。

「顧客メンバー」とは、顧客代表者が、顧客メンバー申込み画面において登録したメールアドレスの所有者で、固有の顧客キーを自身の会員IDに登録をすることにより、顧客メンバーとして登録されます。顧客メンバーは、顧客キーの登録の際にIP WEB会員規約を閲覧する義務がありますが、IP WEB団体・法人・顧客会員規約閲覧の義務はございません。


第2条(本規約の変更)
    1. IP WEBが、この会員規約本文の他に別途定める各サービスの利用規約 (IP WEB会員、ニュースパック、買物規約他)および各サービスの「ご案内」または「ご利用上の注意」、「Q&A」等で規定する各サービスの利用上の決まりおよび、その他の利用条件等の告知(以下、併せて「利用規約等」といいます。)において明記される、会員に対する権利および義務も、この会員規約の一部を構成するものとします。
2. IP WEBは、会員の了承を得ることなく、この会員規約を変更することがあります。この場合には、サービスの利用条件は、変更後の会員規約によります。

第3条(団体・法人・顧客会員への通知)
    1. IP WEBから団体・法人・顧客会員への通知は、団体代表者宛に行われるものとし、個別規約に別段に定めのある場合を除き、本サービス経由の電子メール、追加規定を含む一般掲示、またはその他IP WEBが適当と認めるその他の方法により送付されるものとします。
2. 前項の通知が電子メールで行われる場合、団体代表者の電子メールアドレス宛に発信したことをもって、会員への通知が効力を生じるものとします。会員は、IP WEBが電子メールで発信した通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。
3. 第2条の通知が、本サービス上の一般掲示で行われる場合、当該通知が本サービス上に掲示され、団体代表者が各サービスにアクセスすれば当該通知を閲覧することが可能となったときをもって、会員への通知が効力を生じるものとします。

第4条(団体・法人・顧客会員の承認)
    1. IP WEBは、IP WEB上の団体申込み画面より申し込まれた団体・法人会員希望者および、セミナー・イベント画面、レポート・論文画面、プロジェクト画面で申し込みをした顧客会員希望者の入会申込を受け付け、必要な審査・手続等を経た後に入会を承認します。
2. 入会に必要な審査・手続等が完了するまでの間、入会申込をした代表者本人(以下「入会希望者」および団体もしくは顧客メンバー)は、IP WEBは入会を承認しとはみなされません。

3.入会の承認については、オンラインもしくは書類による顧客会員登録申請のほか、メンバーの追加、組織の変更、代表者の変更の場合も、同様の審査手続きを行うものとします。

(団体・法人会員の資格)
5. 本サービスは、以下に定める団体もしくは個人に提供されます。
(1) IP WEB会員であるもの
(2)株式会社、有限会社、合資・合名会社及び社団・財団法人などで登記を具備している法人、もしくはそれに属するグループで、同じ共同活動を行い、団体代表者がそれに所属しているもの
(3) 大学組織、研究機関(組織形態にこだわらない)に所属していて、なんらかの共同活動を行っている団体。

(顧客会員の資格)
5. 本サービスは以下に定める団体に提供されます。
(1) IP WEB会員であるもの
(2)株式会社、有限会社、合資・合名会社及び社団・財団法人などで登記を具備している法人で、団体代表者がそれに所属しているもの
(3) 大学組織、研究機関(組織形態にこだわらない)に所属していて、なんらかの共同活動を行っている団体、もしくは個人であってIP WEBサービスを利用する条件に適当とIP WEBが判断するもの

第5条(入会の不承認)
    IP WEBによる審査の結果、入会希望者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者の入会を承認しないことがあります。
(1) 入会申込者が実在しないこと。
(2) 入会申込をした時点で、IP WEB会員規約の違反等により会員資格の停止処分中であり、または過去に会員規約の違反等で除名処分を受けたことがあること。
(3) 入会申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあったこと。
(4) 入会申込をした時点でサービスの利用料金の支払を怠っていることまたは過去に支払を怠ったことがあること。
(5) IP WEBのサービスに直接関係がない、若しくはIP WEBのポリシーにそぐわないとIP WEB側が判断したもの。
(6) IP WEBの業務の遂行上または技術上支障があると判断したとき。

第6条(入会契約)
  1. IP WEB団体・法人または顧客会員への入会を希望する法人及び法人に準ずる団体は、IP WEBが指定する手続に従って、入会を申し込み、IP WEBがこれに承諾を行った時点で、団体・法人または顧客は規約を承認したものとみなし、団体・法人または顧客会員となるものとします。
2. 入会の申込のためにIP WEBに提示する情報は、全て正確かつ最新の情報であることとします。
3. . IP WEB団体・法人または顧客会員への入会申込者は、入会申込み時に会員の組織に所属する1名を代表者として、IP WEBのホームページ上もしくはメールにて、代表者自身が、登録するものとします。
4.承認の通知は、団体・法人または顧客代表者にメールにて承諾の旨を送付し、固有の顧客キーを通知いたします。
5. IP WEBは業務上必要な時は、団体・法人または顧客会員と特約を定めることがあります。特約の形態は「覚書」の様式をとります。

IP WEB団体・法人・顧客会員規約は、本サービスの利用に関し、IP WEBの団体・法人、または顧客会員に適用します。第6条で規定する入会契約が成立後、団体・法人または顧客会員は、誠実に本規約を遵守する責務が発生します。

第7条(登録内容の変更)
    1. 代表者は、住所、電話番号、請求書送付先、代表者、代表者連絡先メールアドレス、その他IP WEBに届け出ている内容に変更があった場合には、速やかにIP WEBホームページの専用画面において変更を届け出るものとします。なお、変更の届出があった時は、IP WEBはその届出のあった事実を証明する書類を提出していただく場合があります。また、それにより、登録が不承認となる可能性もございます。
2. 団体が合併又は分割した場合で、合併後存続する法人ないし団体若しくは合併により設立した法人ないし団体は、会員代表者あるいは承継者がその旨を速やかにIP WEBに知らせることとし、その通知受領後30営業日以内に、当該会員又は承継者に通知の上、団体契約の更新もしくは解除することができるものとします。なお、承継の届出があった時は、IP WEBはその届出のあった事実を証明する書類を提出していただく場合があり、それにより登録が不承認となる可能性もございます。

第8条(団体代表者の義務)
    1. 団体代表は、IP WEB団体・法人・顧客会員規約の内容に了解した上で、登録の手続きを取っていただきます。
2. 団体・法人代表者は、団体メンバーの登録および管理所属会員の管理において責任を持っており、団体メンバーに各種サービス規約を遵守させるものとします。団体メンバーの本サービス利用規約違反は、団体代表者のサービス規約違反とみなし、会員、団体代表者は連帯して責を負う上、IP WEBは、会員資格を取り消すことがあります。
3. 万が一、登録されていないユーザーが不正に当該顧客IDを利用していた場合、若しくは、規約上に記されている、団体構成員としての条件に合わないメンバーが入ることによるIP WEBサービスの不正利用が発覚した場合は、代表者に損害賠償を求めることもございます。
4.団体登録の際に個別決済を選択した場合で、割引価格を適用した買物をしているにもかかわらず、メンバーが振込みを規定期間内(2決済期間(約1ヶ月)に振込みを実行しなかった場合は、割引率をただちに変更するとともに、割引によって支払われなかった差額分の金額を、代表者に請求する場合がございます。

第9条(顧客代表者の義務)
   

1. 顧客代表者は、IP WEB団体・法人・顧客会員規約の内容に了解した上で、登録の手続きを取っていただきます。
2 .顧客代表者は、顧客メンバーとしてIP WEBに登録した事実についてのメンバーへの連絡について、全責任を持っているものとします。
2. 顧客代表者は、顧客メンバーの登録および管理において責任を持っており、顧客メンバーに各種サービス規約を遵守させるものとします。


第10条(コンテンツ配信する場合の顧客会員の義務)
    1. IP WEB顧客会員は、本サービスの利用にあたり、その内容について顧客会員の責任において配信されるものとします。
2. IP WEB顧客会員は、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならず、また利用ユーザにも行わせてはならないものとします。
(1)第三者もしくはIP WEBの著作権、商標権又はその他の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(2)第三者もしくはIP WEBの財産又はプライバシーを侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(3) 上記(1)(2)の他、他の会員、第三者もしくはIP WEBに不利益又は損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
(4)第三者もしくはIP WEBを誹謗中傷し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為。
(5) わいせつな文書、図画、写真等を掲載・送信する行為
(6)犯罪もしくは犯罪に結び付く行為、もしくはそのおそれのある行為。
(7)故意・過失の有無を問わずコンピュータウイルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、提供し、もしくは提供する行為。
(8)その他、法令に違反する、又は違反するおそれのある行為。
(9)その他、本サービスの運営を妨げる行為。
(10)その他違法または明らかに公序良俗に反する行為。
(11)その他、IP WEBが不適切と判断する行為。

3.顧客会員もしくはその顧客会員が配信したコンテンツを利用した一般のユーザーの行為によってIP WEB及び第三者に損害が生じた場合、IP WEB顧客会員資格を喪失した後であっても、顧客会員はすべての法的責任を負うものとし、IP WEBに迷惑をかけないものとします。

第11条(顧客キーについて)
  1. IP WEB上で団体・法人もしくは顧客会員登録し、IP WEBが本サービスの利用資格を有すると判断し、承認した団体及び法人、個人に対して、IP WEBはそれぞれ固有の顧客キー(英数字8桁)を発行いたします。IP WEBのサービスをご利用される場合、この顧客キーを入力することで、団体・法人もしくは顧客会員として登録されます。

2.顧客キーは、団体メンバーにおいても同様のキーが配布されます。ひとつの顧客キーに最大999人のメンバーが登録できます。

3. 配布された顧客キーは、そのままではこ買物時の割引や、情報配信登録には利用できません。必ずIP WEB会員登録画面若しくは、IP WEB会員情報変更画面で登録する(以下「リンクする」)必要があります。尚、一度リンクすれば、会員画面で再度入力の必要はありません。

4. IP WEB会員は最高10個まで顧客キーを所有することが出来ます。 ただし、それぞれのサービスにおいて関連する1つの顧客キーしか利用することが出来ず、また割引が合算されるようなことはありません。

第12条(団体・法人および顧客の所属メンバーについて)
    1.代表者が、団体に所属する会員として登録したメンバーをその団体・法人および顧客の所属メンバーといいます。所属メンバーは会員ではありません。IP WEBによる団体会員登録承認後、メンバー各自がIP WEB会員登録の手続きを行い、配布された所定の顧客キーをリンクすることで、団体会員として登録されたことになります。

2.代表者が所属メンバーを登録する際、メンバーのメールアドレスのほか、構成メンバーの活動内容および関連性について記入していただき、審査の参考とさせていた大増す。会員登録および変更承認についての審査においては、場合によっては電話確認することもあります。

3.所属メンバーが登録メールアドレスを変更したいと申し出た場合、顧客キーが会員IDにリンクされていると、会員はメールアドレスを変更することができません。変更の順序としては、団体代表者に対してメンバー登録ID用メールアドレスの変更お願いする必要があります。その承認を経た後、そのアドレスで新規にIP WEB会員登録を行います。(その際に、古い会員IDを削除しない限り 1人で複数のIDメールアドレスを持つこととなり、2重でメール情報が配信されたりするので、会員側で配慮する必要があります)。

4.所属会員が途中で会員契約を解約したいと申し出た場合でも、基本的に代表者の権限でしか変更および削除は出来ません。そのため、退会の順序として、まず所属するすべての団体の代表者に対して、所属会員としての登録削除を依頼し、すべての顧客キーのリンクを解除したされた場合に、会員情報変更画面にて削除可能となります。

第13条(所属メンバーおよび所属会員への通知について)
    1. 所属メンバーおよび所属会員への連絡方法として、IP WEBが登録された所属メンバーのメールアドレスに「自動送付」することが可能です。ただし IPWEBの自動連絡システムを利用する場合においても 、所属メンバーおよび所属会員への連絡は、あくまで代表者の責任において行われることが前提です。連絡したこと、もしくは連絡しなかったこと、間違ったメールアドレスが登録されていたことにより、メール受信者、もしくは受信予定者が受けた被害に関しては、IP WEBはその責任を負わないものとします。

2.登録時、および登録情報変更時に、IP WEBによる「自動送付」を選択した場合の団体メンバーへの連絡は、管理者が登録の承認審査を承諾した時点でメンバーに送付されます。

第14条(割引の利用および支払について)
    1.団体・法人会員が買物時に割引サービスを利用する場合は、顧客キーを所定の画面で入力する必要があります。ただし、それまでに新規会員登録画面もしくは会員情報変更画面において、顧客キーの登録(会員 IDへのリンク)を済ませておく必要があります。
2.団体代表者が個別決済を選択した場合で、所属会員からの入金が割引資格に到達しない人数であった場合、事前に割引価格で買っていた代表者に対して、不足分(不足分には、登録した会員の割引受益分も含む)の請求をするとともに、それ以降は入金があった人数に対する割引率を団体会員全員に適応することとなります。そのため、所属メンバーは2決算期間(1ヶ月)以内にIP WEBに登録する必要があります。
3.団体人数の変更により、割引率が変動した場合、登録後、最初に来る決済日以降の契約について、新しい割引価格を利用いたします。

第15条(退会について)
    1. 会員が本サービスに関する全てのサービス利用契約を解除することをもって、退会とします。所属メンバーであるIP WEB会員の退会の手続きは、代表者である会員がホームページ上の顧客専用画面において、メンバーの登録を解除することで可能となります。そのため所属メンバーは、退会の依頼を代表者にお願いする必要があります。 
2.団体代表者の退会の場合は、後継人が存在しない場合を除き、IP WEBにサービス利用契約をすべて解除した後、所属する会員すべてを削除して初めて会員情報変更画面において、退会の手続きが可能となります。
3.団体・法人・顧客会員が、退会を希望する場合で、IP WEBの有料サービスを利用している場合、退会希望日までに債務の全額を直ちに支払い、サービスを終了した時点で退会手続きを行うものとします。

第16条(知的財産権の帰属)
    1. 本サービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標、商号、データ、文書、音楽、写真、画像、映像及びそれに付随する技術全般に関する知的財産権その他、顧客との間に、著作権の帰属に関する取り決めを交わしたもの以外の一切権利は、IP WEBに帰属するものとします。
3. 顧客会員は、本サービス上にアップロードした情報又はファイルについて、著作権の帰属に関する取り決めを交わしたもの以外において、IP WEBに対してそれらを複製し領布する権利、販売する権利、又は削除する権利を与えたものとします。

第17条(補償義務)
    IP WEBでは、著作者の確認を厳重に行っておりますが、万が一顧客会員が配信する著作物が、他者の著作権を侵害するような状況になった場合、もしくは、配信したデータが原因で、会員又は利用ユーザー(原著作者を含む)、第3者からクレームや訴訟を提起された場合、被補償者がこれにより支出し又は被った一切の損害及び費用(損害賠償金の裁定額、和解金、裁判費用及び合理的な弁護士費用を含む)は、当該顧客会員が賠償するものとし、IP WEBはその義務を負うものではありません。また、それらの配信されたコンテンツに対して、利用ユーザーが起こした違法行為または不法行為においても、IP WEBはその責務を負うものではありません。
IP WEBは、顧客に対するサービスの一部の中止・中断などの発生により、顧客会員が蒙った損害について、本契約上負う責任は、当該クレームを惹起したサービスおよび中止・中断などの期間について、顧客会員がIP WEBに支払った月額相当額を上限とします。

第18条(管轄裁判所)
    1. 本サービスの利用に関連して、会員とIP WEBとの間で紛争が生じた場合には、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとします。
2. 協議をしても解決しない場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
 
    付則本規約は2004年3月1日より改定実施するものとします。






IP WEB
 





上に戻る前のページ
Copyright (c)2000-2004 Intellectual Asset Management Ltd.All rights rserved.
Report Project DB service HOME advertise セミナー Market